東練馬リトルシニア野球協会

東練馬リトルシニアは中学生を対象とした硬式野球クラブです。

 

昭和56年にシニアとして発足以来、数多くの大会で好成績を修め

近年では東東京支部を始め、関東連盟のリトルシニアの中でも確固たる地位を築いております。

 

グラウンドは荒川河川敷に3面の専用球場を有し、他に例のない恵まれた

施設の中で野球に専念できる環境を誇っています。

名誉会長 横田 勘二 

 

理念・指導方針

「元気」「挨拶」「礼儀」「チームワーク」をモットーにしています。

スタッフ全員がそのモットーの基。選手に全力で指導していきます。

・常に元気を出して全力プレーを目指します。

・野球を通じて、挨拶、相手を思う気持ち、競争心が養われていくことを目指します。

・礼儀・チームワークを大切にし、力を結集させ、目標に向かって努力できる選手の育成を目指します。

・選手一人ひとりを信頼・尊敬し、互いに成長できる環境を目指します。

・自主性・主体性を持って何事にも取り組み、自ら考えて行動が出来る選手の育成、東練馬シニアの選手の前に中学生であることを自覚させます(勉強と野球の両立)。

・みんながお互いを認める素晴らしいプレイヤーへと成長できる環境を作り、指導を行っていきます。

そして、チームとして目指して行くのは、もちろん出場する各大会すべてに於いて優勝です。

 

監 督    山口 力